千鳥ノブのツッコミのセリフがおもしろい。癖がすごい独特の言い回しから話し方を学ぶ。

この記事は3分で読めます

いまや人気お笑いコンビの千鳥。

ボケの大吾とツッコミのノブのやりとりが小気味いいですよね。

 

とくに、大吾の癖のあるボケに対して、

さらに上からかぶせるような独特なツッコミをするノブ。

その独特なツッコミに僕はやみつきになっています。

 

せっかくなのでそんなノブのツッコミをまとめつつ、

普段の生活に生かせるところを探してみました。

それでは目次です。

 

1:千鳥ノブのツッコミ厳選4種類

お気に入りのノブのツッコミはたくさんあるんですが、

全部あげていると夜も眠れなくなってくるので、

まずはノブのツッコミを厳選して4つあげてみます。

 

①「クセがすごい!」

ノブが何かしらこだわりの強いものを見つけたとき、

観客の反応がいまいちだったときのツッコミ。

「クセがすごい!」

ノブのツッコミの代名詞ともいえる「クセがすごい!」

「クセが強い」ではなく「クセがすごい」と言うあたりにセンスを感じます。

 

②小栗が歩きよんか

大吾が指でフレームを作って一般人を見ていた時。

「そんなことすな!」

「小栗が歩きよんか!」

あえての小栗旬チョイス。

 

③丸坊主オネエか

大吾がデザートを食べていた時への反応。

「この皮のところがうま~い」

「丸坊主おネエか!」

坊主頭の坊主とオネエキャラをくっつけた絶妙なコラボ。

 

④バカがスタジオに忍んどんか

大吾が次回の番組の内容をばらしてしまったときのノブ:

「バカがスタジオに忍んどんか!?」

「忍びこむな!」

バカがおるんか?ではなくて「忍んどんか」って「忍ぶ」という単語選択のセンス。

 

 

あれですね。とりあえず大吾とノブは仲いいんですよね。

とくに大吾がノブのツッコミを本当に楽しんでいて、

ノブも大吾を笑わせるためにツッコミをしているんだろうなって思います。

 

2:ノブのツッコミから学べること

二人の仲の良さとノブのツッコミから、見ていてほっこりする千鳥。

さて、ここでノブのツッコミから

僕たちができる面白い話し方を考えてみましょう。

 

ノブのツッコミが面白い3つの理由を考えてみます。それは、

「いつも同じ返しをしないこと。」

「具体的な表現で返しをしていること。」

「単語選択のセンス。」

です。

 

①「いつも同じ返しをしないこと」

普通のツッコミなら「なんでやねん」と言ってしまいそうなことを、

「癖がすごい」「小栗が歩きよんか」「丸坊主おネエか」と、

毎回その場に応じたコメントを考えています。

そのうえで、使う単語はななめ45度くらいの選択をしています。

 

ちなみにですが、毎回同じことばかり言っていると脳への刺激が単調化してしまい、

変わったことが言えなくなっていくそうです。

見ている人に「つぎはなんて言ってくれるんだろう?」と思わせることが大切で、

そのためには普段からコメントを毎回その場で考えるようにすることです。

 

でもはじめのうちはそれも難しいと思うので、

その場合は、あらかじめテレビなどを見て、

自分が使えそうな表現やネタをストックしておくということでしょう。

 

②「具体的な表現で返す」ということ。

人が物事を理解するときは、無意識に「比較」ということをしています。

比較をするということは、できるだけ具体的な表現をすること。

ノブのツッコミはその単語のセレクトも面白いのですが、

基本的にすべて具体的ですよね。

 

具体的なツッコミをしていることで、

聞いている相手はそれを想像することができ、

よりボケとツッコミの内容を楽しむことができるのです。

 

ノブのようなツッコミはできなくても、

普段の会話を少しでも面白くするコツは、

普段からいまどんな返しをしようかなと考えること、

そしてなるべく具体的な表現で返すようにすることです。

 

③単語選択のセンス

これはその人らしさにあたる部分でしょう。

ノブならこういうことを言ってくれるだろうな、という期待値でもあります。

自分なりのスタイルといってもいいでしょうか。

 

ノブはノブなりの表現方法を使って、

他の芸人さんにはないようなスタイルを確立しています。

 

これは文章力とか表現力とかにも通じます。

伝わりやすい表現やテンプレなどは確かにありますが、

自分らしさというのは、自分の中からでてくるものであり、

まずはそれを突き詰めてみることから文章力は磨かれていきます。

つまり、内面を深堀することで、アウトプットとしての表現力は磨かれるということ。

 

普段からの準備、たとえば勉強や読書や考える時間など、

どれだけ自己投資できるかで、アウトプットの質は高まります。

芸能人ではなくても、「表現する」ということはすべての人に必要です。

 

だからこそ、常に自己投資し、内省をし、

表現力を磨いていきたいものです。

 

3:最後に。

これからも千鳥の二人には目が離せませんね。

これからノブがどんなツッコミのセリフを生み出してくれるのか。

そして、そのツッコミが他の人のツッコミと何がどう違うのか、

それを考えてみるのもいいですね。

 

千鳥の活躍がこれからも楽しみです。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

メールマガジンは準備中です。お待ちください!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール


このブログでは、ブログアフィリエイトで稼ぐために必要な文章の極意をお伝えしています。
人の心に響くストーリーを軸としたライティングメソッドで、アフィリエイト初心者の方でも魅力的なブログ記事が書けるようになります。
プロフィールはこちら。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。