自分の好きなことで生きていく…って「好きなこと」が見つからないときの処方箋

この記事は2分で読めます

白の輪郭は黒の形がはっきりすれば浮き上がってくる。

「やりたいこと」が見つからないのなら、

「やりたくないこと」を考えてみればいい。

 

「んー、結局のところは何がやりたいの??」

こう聞かれて、すぐに「これですっ!」って言えない人は多いと思います。

自分が何をやりたいのか、これから何をしていきたいのかはっきりしている人は、

こんなところで悩んでいないですよね。

しかし案外、自分のやりたいことって難しい。

その理由について少し考えてみたいと思います。

脳は初めに大きくネットワークをつくって、そのあと最適な回路に整えていく、という性質があります。

できることからとことんやっていくしかないんですよ。

自分の強みを探したことはあると思いますが、

それがわからないなら他人の強みを借りるしかないし、

まずは、人の認識には限界がある、ということです。

人は生まれてこの方いろいろな価値観の刷り込みを受けてきて、

そこでできあがったフィルターを通したものの見方をしています。

人は信じることができる生き物だ、というフィルターがあれば人を信じるでしょうし、

人は信じたら裏切られると思っていれば、人にお金を預けたりはしない。

お風呂は右足から入ると縁起がいいと思っている人はそうするし、

水回りをきれいにすると幸運がやってくると思っている人は、きれいにするでしょう。

そんな小さな身の回りのところから生き方の部分まで、

僕らは過去の経験や価値観の積み重ねをもとに判断しています。

逆にいうと、

自分の持っているフィルター以外のことは考えられない、ということです。

やりたいことが見つからない、というのも、

このフィルターに限界があるということによります。

いままで自分が見ていた世界の中で考えているから、

その世界の中でやりたいことはなんだろうって考えてしまうから、

なかなか見つからない。

本当にやりたいことを見つけたいのなら、

そのフィルターをいったんはずしてからでないと考えられないんです。

しかしです。

そのフィルターっていうのは、

あなたのこれまでの人生すべての中で構築され、繰り返され、強化されてきたもの。

なので、これを壊すのは生半可なことではないんです。

フィルターを壊さないと本当にやりたいことは見えてこない。

でもフィルターを壊すのもそれはそれは難しい。

あぁ、僕はどうしたらいいのん??

…さて、どうするか。

その方法が、

「やりたいことを探す前に、やりたくないことを考える」というものです。

自分ができることを分類すると、

①自分がやりたいこと

②自分がやりたくないこと

③どっちでもいいこと

の3つに分けられます。分けられるんです。

そのうち、①のやりたいことばかりに目を向けるから、

ほとんどの人が何をやりたいのかわからない、ってなってしまうんです。

そうじゃないんです。

まずは②のやりたくないことを探すんです。考えるんです。

やりたくないことなんて腐るほどありますよね。

しかもそれは強烈な感情を伴っているはずですから、

気持ち的にも強いものだと思います。

だったら、それをたたき台にして考えていけばいいんです。

やりたくないことがはっきりしてくれば、

やりたいことに分類されるものの輪郭がぼんやりと見えてくるはずです。

だまし絵のようなものですね。

白をはっきりさせたければ、

黒をはっきりさせることから始めればいいんです。

そして自分のやりたくないことをヒントに、

少しずつできることから始めていく。

その中でいろんな気付きを得ることができて、

いままでのフィルターを壊すことにつながっていきます。

そのときにはじめて、自分のやりたいことが見えてくるでしょう。

無理に自分のやりたいことを探して、

見つからないからうんうんうなって、

結局何も行動しないよりはよっぽどいいと思います。

やりたくないことから考える。

いかがですか??

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

メールマガジンは準備中です。お待ちください!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール


このブログでは、ブログアフィリエイトで稼ぐために必要な文章の極意をお伝えしています。
人の心に響くストーリーを軸としたライティングメソッドで、アフィリエイト初心者の方でも魅力的なブログ記事が書けるようになります。
プロフィールはこちら。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。