ももクロ有安の脱退後の進路。脱・アイドルと僕らのセカンドキャリアのつくり方

この記事は3分で読めます

こんにちは。

ももクロの緑のメンバー有安杏果の脱退が決まったそうです。

22年間芸能界で生きてきて、今度は普通の女の子として生きてみたい、
というのが脱退の理由だそうです。

きっと芸能界って酸いも甘いもたくさんあって、
ときには気持ちが疲れてしまうこともあるのかもしれない。

もしかすると、長い間おなじ空間にいると外の空気を吸いたくなるのは、
どの業界にいても同じなのかもしれないですね。

有安さんはもともと歌もうまいし、器用なタイプ。
と見せかけて、ステージを降りるとどこか天然で、でも実はすごい努力家。
個人的にもすごく好感が持てますし、もし芸能界に戻ってくるのなら、
最初に脱退した早見あかりさんが”脱・アイドル”して女優に転身したように、
役者さんとか他のステージで頑張っているのを見てみたいものです。

::”脱・アイドル”としてのタイミング

有安さんはももクロという”アイドルグループ”で
活躍していた期間がそれなりに長いですよね。

僕らからすると、”元ももクロ””元アイドル”という
レッテルで彼女を見てしまいがちです。

周りの目も元ももクロという視点で見ますし、
自分自身もの目もそのレッテルに縛られることになってしまいます。

そしてこのレッテルがついてしまうと、
レッテルはがすのが難しくなってしまうんですよ。

かりに自分のことを一人の女優として評価されたいのなら、
まずは元AKBというレッテルを払拭することから始めないといけないんです。

有安さんも、元ももクロ、元アイドル、
というレッテルをはがすことからはじめることになるでしょう。

ももクロがこれだけ有名になってしまった以上、
有安さんについて回るイメージの一つは”元ももクロ””元アイドル”
というレッテルがついてまわります。

そしてもしかすると、有安さん自身が”元ももクロ”というレッテルを
はがしたがっているのかもしれません。そのための卒業なのかもしれない。

元ももクロというイメージを払拭できれば、
新しい有安杏果という一人の人間でいられるわけですから。

その意味では、有安さんよりも前に脱退していた早見あかりさんは、
ももクロが絶頂期を迎える直前での脱退だったため、
”アイドル”というレッテルをそれほど持たないまま
女優へ転身できたのかなと思います。

::レッテルははがすのではなくて重ねていく。

でも実はレッテルははがしてもいいし、はがしてもいい。
むしろレッテルは重ねていくものだと思うのです。

たとえば、ももクロでアイドル、というレッテルに、
例えば、女優、料理研究家、映画評論家、
などというレッテルを重ねたら面白いですよね。

僕らが仕事をやめたとき、新しい何かを始めようとしますよね。
そのとき、軸を決めてレッテルを貼りまくっていくんですよ。
そうすれば厚みがでて、オリジナルになっていきます。

なんかいろんなことをやってるけど、
すべてがバラバラでつながっていないような人は、
一本軸がなかったりします。

まず軸を決めるんですよ。

演技を極めたい、という軸なら、アイドル活動も意味があるし、
料理研究は健康面からの表現につながるし、
映画評論は海外の映画を参考に表現力を高めることにつながります。

子どもを育てたい、という軸なら、
自由に育てるためにはお金が必要だし、
子どもにお金の動きとか教えたいし、
世界をみせてやりたいとか色々出てきますよね。

軸があることで、ありとあらゆることをやっても
スポンジのように吸収して成長することができるんですよ。
だってその軸に集約させることができるからです。

これまでやってきたことを無駄にする必要なんてないんです。
アイドルをやってきたのならその経験をいかせばいい。
学校の先生をしてきたのならそのエッセンスを抽出すればいい、
歯医者をしてきたのならその学びをいかせばいい。

有安さんの脱退は単に芸能界の話ではなくて、
大きい目で見れば、僕らがいまの仕事を辞めた後、
どのようにふるまうかのヒントになると思います。

今の仕事を辞めたいとか、次のステップに進みたいとか考えたとき、
どうしても今の仕事の安定とかお給料とかを考えてしまいがちです。

そして一番は、「今の仕事やめてなにするの?」ってところ。
「アイドルやってたやつが女優できるの?」とか
「歯医者やってたのにネットビジネスとか変なことやるの?」とか
言われたりすることもしばしば。

新しいことをやろうとしているときっていつも気持ちが不安定で、
まえの仕事と比較されると不安になってしまいますよね。

でも前の仕事も自分の一つなんですよ。
前の仕事で精一杯やったなら、自分なりの学びや経験は得たはず。
それを次の仕事に別の形でいかせばいいだけの話です。

そうすれば周りの目なんて気にならなくなってきます。
もし気になるとすれば、自分がまだ過去にしばられているということです。

元ももクロの有安さんも、次は何をするのでしょうか??
もし普通の女の子になるのなら、普通の女のことがすることをしていればいいし、
女優とか新しい世界に行きたいのなら、まずは新しい世界に没頭してしまうことです。
そうなると、元アイドルというレッテルに、女優というレッテルがついてくれるので、
演技により深みが増すことになります。結果、独自の色をもった女優になれるはずです。

とりあえず、有安さん、お疲れ様です。
芸能界引退とは言わないで、新しい世界で頑張っている姿を見せてほしいものです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

メールマガジンは準備中です。お待ちください!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール


このブログでは、ブログアフィリエイトで稼ぐために必要な文章の極意をお伝えしています。
人の心に響くストーリーを軸としたライティングメソッドで、アフィリエイト初心者の方でも魅力的なブログ記事が書けるようになります。
プロフィールはこちら。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。