赤ちゃんの歯磨きを始める時期はいつ?生まれてすぐでも大丈夫??

この記事は6分で読めます

こんにちは。

 

仕事をしていてよく聞く質問の一つに、こういうものがあります。

「下の子が6か月なんですけど、歯医者はいつから連れてきたらいいですか??」

というものです。

 

確かに、歯医者に行くのに歯が生えるだと早すぎる気がするし、

でも歯が生えそろってからだと遅いような気がする。

かと言って、歯がちょこっと生えた程度で行くのもなんかなぁ…

って思ってしまう。

 

どのタイミングで行けばいいのかわからない。

だからこそ、みんな悩んでしまうんでしょう。

 

今回は、いつから歯医者に連れていけばいいのか、その実際のところ。

そして、むし歯予防はいつからすればいいのか、どうすればいいのか、など、

赤ちゃんの頃のむし歯予防についてわかりやすく解説していこうと思います。

 

それでは目次です。

:赤ちゃんに歯磨きは必要なの?始めるならいつから??

まず話を始める前にいつも思うのですが、

赤ちゃんの歯磨きをどうしよう?って考えられるのは、

本当に赤ちゃんのことを細かく考えることができているんでしょうね。

 

ふつう考えないですからね。赤ちゃんの歯磨きをどうするのかとか。

適当にガーゼで拭いておわりで、検診の時期が来たら行く、くらいのものです。

 

だからこの質問を考えることがでてくるお母さんたちは

子供の口をきちんを見ることができているし、

よくお子さんのことを考えてらっしゃるお母さんがほとんどです。

 

なので、このお母さんのお子さんたちであれば

先々の心配はないことがほとんどです。

こういうお母さんたちであれば安心です。

 

1歯が生え始めてから。むし歯菌が定着しだすころから始めます。

さて、はじめて歯医者に行く理由として大きなものはこの2つでしょう。

「むし歯がないかどうかみてほしい」「むし歯予防のフッ素を塗ってほしい」。

 

それではまずその前に、

「むし歯になるのはいつからか」「むし歯はいつから予防できるのか」

について考えてみましょう。

 

少し小難しく言うと、むし歯は、

「歯についてむし歯菌が、糖分をエネルギーにして、酸を作って歯を溶かす。」ことでできます。

 

つまり、いくら甘いものを食べまくったとしても、歯が生えてなかったらむし歯にはならないし、

むし歯菌がいなかったら歯を溶かす菌もいないからむし歯にはならないし、

甘いものを1ミクロンも食べなかったらガソリンがないのと一緒で、

むし歯菌は酸をつくることができません。

 

よって歯は溶けません。

歯がなかったら歯は溶けません。

 

総入れ歯のおじいちゃんやおばあちゃんはむし歯ゼロです。

歯がなければ”むし歯”にはならないのです。

 

ということで、むし歯になる可能性が生まれるのは、

「むし歯になれるポテンシャルを持った歯が生えてきてから」ということになります。

 

同じ理由で、むし歯予防も基本的に歯が生えてからがメインになる、というわけです。

 

つまり、はじめて歯医者に連れてくるのは、

だいたいの場合、歯が生え始めたときでいい、ということで覚えておいてください。

 

2赤ちゃんの頃のむし歯予防って何をするの?

むし歯菌はすべての人の口の中にいて、生えている歯に定着してはじめて仕事をします。

 

ここでのキーワードは“定着”です。

 

“定着”っていうと、要は“住み着く”ってこと。

むし歯菌が定着=歯に住み着いてから歯を溶かし始める準備ができる

そしてこの一連の流れにアプローチするのがむし歯の予防処置ということです。

 

むし歯予防は、自分の防御力を上げることと、

相手の攻撃力を下げることにわけると考えやすいでしょう。

 

自分の防御力を高める=フッ素を塗って歯の質を強くする、歯をツルツルに保つ。

相手の攻撃力を下げる=フッ素を塗ってむし歯菌の力を弱める、歯磨きをする。

 

この“自分の防御力を上げて、むし歯菌の攻撃力を下げる

これが本当の意味での“むし歯の予防処置”ということになります。

 

赤ちゃんでもすることは一緒です。

 

歯が生え始めてからフッ素を塗るなどして歯を強くしてあげて、

歯についた汚れをきちんと落とし、

むし歯菌が働きにくい環境を作ってあげるようにしていきます。

 

3きれいにするより刺激に慣れるため、歯ブラシへの準備

かといって、歯磨きをさぼったらすぐにむし歯になるわけでもないんです。

 

赤ちゃんは唾液が豊富で、唾液には自分で自分の口をきれいにする作用があります。

唾液の中の成分には、むし歯菌が作った酸を中和する作用があります。

 

なので、赤ちゃんの頃、とくに初めての頃の歯磨きは、

きれいにするというよりも口の中への刺激に慣れるためだと考えるようにしてください。

 

口の中はほんとうに敏感で、触られるのを嫌がる子はすごく多いです。

自分の上あごの裏を触ってみてください。くすぐったいですよね??

まずはこの刺激になれること、違和感を減らすことからはじめないといけないんです。

 

「歯磨きをしなきゃ!」とやっきになっていやがっているのに無理やりやっても、

いずれは歯磨きを嫌いになってしまい、長い目で見ると逆効果です。

 

無理は禁物。

 

赤ちゃんをお母さんの膝に乗せたり、抱っこして向かい合ったりして、

少しずつ口の中に触れることから始めるようにしてみましょう。

 

:赤ちゃんの歯磨きにはどんな道具を使えばいい??

 

1はじめは無理はしなくていい。濡れたガーゼや綿棒から始めよう

 

最初のうちは、歯を磨くというよりも、刺激に慣れることが目的なので、

とくに歯ブラシにこだわらなくていいでしょう。

 

塗れたガーゼや綿棒からはじめて、歯の表面をなでる感じで拭いてあげてください。

余裕があれば、ほっぺたの内側をマッサージするように、

こちょこちょと刺激をしてあげてもいいでしょう。

 

歯ブラシを使いたい場合は、毛先は短めで、

フラット(ギザギザとかになってないまっすぐなやつ)、

やわらかいものを選ぶようにしましょう。

 

あまりに毛先のかたいものを使うと歯茎や粘膜を傷つけてしまうかもしれませんし、

大きいのを使うと口の中に入らないかもしれません。

長さとしては前歯2~3本分くらいの幅のものがベストと言われています。

 

歯ブラシ自体はそんな値段の高いものではないですし、

いろいろ買っていろいろ試してみて、使いやすいものを選ぶといいでしょう。

 

それよりも、お母さんと一緒に歯ブラシをつかって遊んでいる、

楽しんでいるっていう感覚が大事です。

 

歯磨き、というものではなく、歯ブラシを使って、

お母さんとコミュニケーションを楽しんでいると思ってもらえるように、

楽しんでしてみてください。

 

2歯磨き粉は無理に使わなくていい。

歯磨き粉の成分には発泡剤、研磨剤など、いろいろな成分が入っています。

でもいまの時期に必要なものって言えばそんなにありません。

 

発泡剤ですっきりしたーって赤ちゃんはたぶんいません。

目的は「慣れること」「歯磨きの前段階」ですから、無理に使わなくていいでしょう。

 

3どうしても使いたいなら味付きのもの、発泡剤のないものを選ぶように。

まだうがいができないので、飲み込んでも大丈夫なものを使うようにしてください。

子供用歯磨き粉を使ってもいいでしょう。

 

量は歯ブラシの1/3くらい。先っぽに、ちょんとつける程度で十分です。

 

注意点としては、たまーに牛乳成分のカゼインがはいっているものがあります。

普通の歯磨き粉であればまず大丈夫なのですが、念のため頭の片隅に入れておいてくださいね。

:赤ちゃんの歯磨きの回数やコツは??

 

まず、1日に何回歯磨きをしてあげればいいのか?

これは、別にいつでもいいと思います。その家庭によって都合もあると思いますので。

 

参考程度にいえば、1日に1〜2回。

ご飯を食べたあとかミルクを飲んだあとでしょうか。

 

ポイントは赤ちゃんの機嫌にある程度合わせてあげるということです。

お母さんが忙しくしていて、慌ただしい中で無理やりすると、

お母さんも赤ちゃんも、お互いの気持ちの中に嫌な気持ちをつくってしまいます。

 

はじめのうちはなかなか上手にできないでしょうから、

お母さんも赤ちゃんも気持ちに余裕があるときにゆっくりしてあげるようにしてください。

 

慣れてきたら少しずつ時間や回数を増やしていき、

習慣化を意識するようにしてみてくださいね。

 

:赤ちゃんの歯磨きで注意しないといけないこと2つ

1力加減

よくあるのが、気づかないうちにゴシゴシ磨いてしまうこと。

大人が自分の歯磨きをするのと同じくらいの力でするようにはしてはダメです。

 

だいたい150gくらいの力が理想的といわれていますので、秤を持ってきて測ってみてください。

残念ながら、もし秤で力を測れない場合は、

卵を持つくらいのソフトさで、鉛筆を持つような持ち方で、耳掃除をするくらいの優しさで、

ありったけの愛情で、磨いてあげてください。

 

2磨く方向~上唇小帯の話

赤ちゃんには上の前歯と前歯の間に歯茎のスジみたいのがあることがあります。

 

上唇小帯といいます。

じょうしんしょうたいと読みます。

 

このスジに歯ブラシの毛先が当たると擦れて痛いんです。

具体的に、スジに対して横方向に磨くと擦れます。

なので、横方向ではなく縦方向、スジの方向に沿って歯磨きをしてあげてください。

これだけでだいぶ嫌がらなくなります。

 

:まとめ

 

赤ちゃんをいつから歯医者さんに連れていけばいいか、

赤ちゃんの歯磨きはどんなことに気をつければいいか、

なんとなくでもわかってもらえたかなと思います。

 

大切なのは、歯のことだから歯医者さんの言うなりになるのではなく、

「なぜ歯磨きをしないといけないのか」「それはいつ頃からなのか」。

この辺をお母さんやお父さん自身で判断できるようになってほしいんです。

 

赤ちゃんの歯磨きや歯医者さんに連れていく時期など、

だいたい同じようなことが言われていますし、

それで何か手遅れになるっていうこともほとんどありません。

 

ですが大切なのは、

「その判断をある程度自分でできるようになる」「判断するための材料を持っておく」

ということだと思うのです。

 

いまの時代は情報がたくさん出回っていて、

何が正しくて何が間違っているか、その判断がほんとうに難しい。

 

であれば、その答え探しをするのではなくて、

「答えを作りだせる人」になってほしいと思うんです。

 

歯科医師に限らず、専門家と言われる人の仕事は、単純に答えを与えるのではなく、

「多くの一般の人たちが自分で答えを作りだせるような素材を提供すること」。

 

そこにあると僕は考えています。

そして、そのためのヒント、考え方をこのブログではお伝えしていますし、

他のサイトとの一番の違いは、その原理原則を書いていることでしょう。

 

すぐには難しいと思いますし、大切な子供に関することですから、

より慎重になってしまうと思います。

 

でも大切な子供だからこそ、その子のために親が考えてあげること。

どんなことでも知らないですまさず、ありとあらゆることを学び、

多くの道を提示できる人になってほしいですし、

自分で考えて自分で答えを導き出せる子供を育てられるようになってほしいと願っています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

メールマガジンは準備中です。お待ちください!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール


このブログでは、ブログアフィリエイトで稼ぐために必要な文章の極意をお伝えしています。
人の心に響くストーリーを軸としたライティングメソッドで、アフィリエイト初心者の方でも魅力的なブログ記事が書けるようになります。
プロフィールはこちら。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。